image
エコテックスジャパン
logoWelcome to eco-tex Japan エコテックスジャパン
マネジメント・システムの運用構造
   企業(製造業)のCSR&コンプライアンス・マネジメント「CSM-2000(包括統合マネジメントシステム)」の認証とモニタリングを行います。
マネジメント・システムの制定と監査・認証はそれぞれ独立した組織機能で行われます。
  • 弊社がシステム制定と企業へのシステム導入を支援します。
  • その実施遵守検証は、世界で最も信頼される第三者認証監査機関TUV社はじめ、その他によって監査・認証します。その認証取得は、世界で極めて高いステータスと認められています。
システム運用構造 3p Instituteとは、
1992年にEUの中で繊維製品の社会的生態系適合性についての協議会が発足し、その後発展して1996年にドイツケルン市に現在の eco-tex institute for applied ecology(エコロジー研究所)が組織化されました。
主な業務は、「CSM-2000コンプライアンス・サプライチェーン・マネジメント・システム」、「社会的責任モニタリング・システム」、「環境モニタリング・システム」、「小売業界及びメーカー各社のサプライヤーCoC(取引行動規範)」などのマネジメント・システムを制定し、支援することです。

これらのマネジメントシステムー適合業界

繊維製品 食品 化粧品 玩具 家庭用品 化学品 皮革製品 靴 鞄。

 
     
     
サプライヤー取引行動規範(CoC)・システムの運用構造
    企業(製造メーカー及び小売業)に於けるサプライチェーン上のCSR&コンプライアンス・マネジメント「サプライヤーー取引行動規範(CSR調達)」の認証とモニタリングを実施します。一連のサプライヤーに対する監査と評価・モニタリングはそれぞれ独立した組織機能で行われます。
・弊社がシステム制定と企業へのシステム導入を支援します。
・その実施遵守検証は世界でもっとも信頼される第三者監査機関TUV社はじめ、その他によって監査され、さらに独立した第三者機関 3p Instituteが 評価とモニタリングを行います。 システム運用構造1
監査、評価、モニタリングの基本手順は次のように実施されます。

@ サプライヤーに対する全てのシステム適用は行動規範(CoC)遵守を求める企業とサプライヤー・委託工場との間の対等な同意に基づいて始められます。
A 第三者監査機関の監査員が製造委託工場に直接訪問し、行動規範要求事項から作成された監査質問書とその実施手順に基づき監査を実施します。
B 直接監査による監査結果は監査員により監査機関と独立したドイツにある第三者評価機関 3p Instituteに 報告され集約されます。
C 第三者評価機関 3p Instituteは、監査結果を評価し監査報告書を作成し被監査工場に発行します。行動規範遵守についての不適合があればこれを指摘し、是正措置を求め、その是正状況を監視するモニタリングを行います。工場からの是正報告と評価機関のモニタリングはブロードバンドによるメールとWebにより行われます。
D 全ての不適合項目が解決されたとき、評価機関から行動規範遵守を求めた企業とサプライヤー・委託工場に遵守適合が報告され適合認証されます。
 
     
     
  会社案内
  交通案内
  ニュースリリース
  サイト案内
  リンク